男性

アルツハイマーは事前に予防しよう【サプリメントで簡単ケア】

脳の萎縮を抑える工夫

ドラッグ

脳の病気であるアルツハイマー病は、脳の構造が変化する事によってうまく歩くことができなくなったり、会話によって自分の感情を伝えるのが難しくなってしまう場合も少なくないのです。家族によるサポートや、オメガ脂肪酸の摂取が予防には効果的です。

More Detail

予防と早期に発見が大事

カップル

認知症の中でももっとも患者数が多いのがアルツハイマー型認知症です。知能や身体機能が徐々に衰えていってしまいますが、早期に発見することで病気の進行を遅らせることが出来ます。高血糖はアルツハイマー型認知症の発症リスクを高めてしまうので、炭水化物や当分の摂取を控えるのが大切です。

More Detail

衰えた脳に活力を与える

悩む男の人

年齢を重ねるごとに体は退化していきます。それと同時に脳も同じく退化します。若い人でも起こりうるアルツハイマーは、脳を活性化することで改善することができます。話題のサプリメントは継続的に飲用することでアルツハイマーを未然に防ぎます。

More Detail

病名の認知度

ガッツポーズをする人

病気の症状

アルツハイマーという病名を聞いたことがあるでしょうか。アルツハイマーとは、脳の病気です。脳疾患で少しずつ脳に障害を与え症状を悪化させていきます。高齢者の認知症の原因とも言われています。少しずつ記憶力が衰えて、思考能力もなくなってきます。最後には、日常生活まで奪い、生活が困難になるまで病は脳や体を蝕んでいきます。病気を発症した初期の頃は、家族や周囲の方も気づきにくいので、判断することが難しいです。そのままの状態にしておきますと症状は、悪化して家族や周囲の方に気付いて病院を受診することになります。高齢者の場合には、認知症と診断されることもあります。アルツハイマーの患者との接し方を調べてみましょう。

病気と向き合う

アルツハイマーの治療方法は、薬物療法です。薬で病気の進行を遅らせたり、症状を落ち着かせたりします。その他にも心理療法ができます。アルツハイマーという病気と向き合うことが大切です。家族や周囲の方の理解がとても重要です。患者は、物忘れや新しい記憶がなくなったり、行動が遅くなったり、イライラしたりします。そんな時に家族や周囲の方は理解する必要があります。大きな心で受け止めてあげることで患者は落ち着きます。薬物療法の他にも工夫して治療をしてみましょう。他の方法としてサプリメントの活用があります。効果が得られると言われている成分としてビタミンB12があります。あまり聞きなれないビタミンの種類ですが、このビタミンB12を摂取することで脳の細胞が作られるので、脳が萎縮することで発症してしまうアルツハイマーに対して効果が得られるのです。さらにフェルラ酸と呼ばれる成分も記憶を司る脳の部分にアプローチしてくれると言われているので、積極的に摂取したい成分となっています。医療機関に行き診断を受けているのであれば、医師にもサプリメントを飲むことを伝えながら飲んでいきましょう。