複数の錠剤

アルツハイマーは事前に予防しよう【サプリメントで簡単ケア】

脳の萎縮を抑える工夫

ドラッグ

ストレスと脳の萎縮

脳の萎縮が起こる事で発症する病気がアルツハイマー病です。脳が小さくなってゆき、やがてうまく思考や判断を行う事ができなくなってしまう事もあります。脳の萎縮の原因としては様々な要因が考えられますが、強いストレスによって脳に悪影響が及ぼす事があります。しかし適度なストレスは人間の脳にとっては必要で、例えば作業内容のミスを指摘される事で一般的にはストレスを感じますが、それによって仕事を工夫して改善したり、あるいは自分自身の能力をさらに向上させる事ができるヒントとして前向きに考え直す事もできるのです。しかしアルツイハイマー病の場合には、自分が行った行動が周囲に迷惑をかけたり、ひんしゅくを買ってしまったりと悪く捕らえてしまい、自分自身を必要以上に責め続けてしまう場合があります。こうした悪循環は脳にダメージを与えてしまうため、極力避けるべきです。このように普段の生活においてストレスを上手くとらえて生活を工夫する事はとても大切なのです。

脳の傷は心の傷

近年の脳科学における最先端の研究データでは「脳の傷は心の傷」であるとされている情報もあります。私たちの心が傷付いてしまうと脳の萎縮が発生したり、神経構造に障害が発生したりしているとされている研究データです。こうしたデータからも強いストレスはアルツハイマーに悪影響を与えてしまう可能性があるともされています。しかしストレスを感じずに生きることはできません。そのためアルツハイマー病を患っている患者さん自身が、認知を整えて生活の工夫をする事で例えアルツハイマーの病状が深刻であったとしても生活の質を向上させる事ができます。人間の記憶や思考は目に見えない感覚でもあるため、極端に言えば考え方次第でいくらでも幸福や不幸を感じる事ができるのです。しかし脳の萎縮による妄想や不安はなかなか抑える事ができないため、周囲の家族によるサポートが重要になると言えるでしょう。それに加え、DHAやEPAなどオメガ脂肪酸と呼ばれる成分もアルツハイマーには効果的だと言われています。これらの成分は人間の脳内に存在しているのですが、年を重ねる毎に少しずつ量が減っていってしまいます。しかしサプリメント等で簡単に補える成分なので、定期的に摂取し記憶力を維持しましょう。