複数の錠剤

アルツハイマーは事前に予防しよう【サプリメントで簡単ケア】

予防と早期に発見が大事

カップル

もっとも多い認知症

日本が高齢化社会と呼ばれるようになり、増加しているのが認知症患者です。認知症と一般的には呼ばれていますが、認知症にもいくつかの種類があります。その中でももっとも多くの割合を占めているのがアルツハイマー型認知症です。日本だけではなく世界を含めても多くの患者がいるアルツハイマー型認知症は、脳内の神経細胞がどんどん壊れていってしまう病気です。やがて脳が萎縮してしまい、知能や身体機能も徐々に衰えていってしまいます。身体機能が衰えてしまうので、やがては呼吸器系が正常に働かなくなってしまい命を落としてしまうこともあります。そんな恐ろしいアルツハイマー型認知症ですが、この病気の進行はとても遅いので早期に発見することで病気の進行を遅らせることは可能です。

食生活で予防を

早期に発見することで病気の進行を遅らせることが出来るアルツハイマー型認知症ですが、未だに完全な治療法は見つかっていません。そのため、予防が何よりも大事だとされています。アルツハイマー型認知症を予防するにあたって大事なのは食生活の改善だと言われています。アルツハイマー型認知症は高血糖の人の場合はそうでない人と比べると発症率が2倍から4倍も高くなっているとされています。そのため、出来るだけ高血糖にならないような食事をすることが大切です。高血糖になりやすい食べ物の代表例は炭水化物です。特に日本人は米を主食としていることから、炭水化物を過剰に摂取しているとされています。糖分の多いお菓子なども高血糖の原因になるので注意するようにしましょう。